Akira's Blog

神奈川在住のITエンジニアの雑記です。主にプログラミング(Perl, Java など)やネットワーク技術についての小ネタを、ちょっとずつ書いていきます。

L3スイッチのVLANインタフェース

L3スイッチのVLANインタフェースについて簡単に説明する。

 

L3スイッチは、「L2スイッチ+内部ルータ」で構成される。この内部ルータは、L2スイッチが区切ったVLAN間のルーティングを可能にする。

 VLAN間通信で内部ルータを経由する際、内部ルータの持つVLAN用のインタフェースを通過するのだが、この時に通過するインタフェースがVLANインタフェースである。

 

以上を踏まえ、ざっくり言うと、VLANインタフェースとは、

L3スイッチ内でVLAN間で通信する時に通過する、L3スイッチの内部ルータのVLAN用のインタフェース 

ということ。

 

ちなみに、以下のページの説明がとても分かり易くて参考になった。

http://wa3.i-3-i.info/word12586.html