Akira's Blog

神奈川在住のITエンジニアの雑記です。主にプログラミング(Perl, Java etc)やネットワーク技術について、ちょっとずつ書いていきます。

Japan IT Week 春 2018

「Japan IT Week 春 2018」に行ってきた。あまり時間がなかったので、ざっくりとしか回れなかったが、以下に感想を書く。

  • AIのエリアはかなり盛況だった。理論が難しい分野なので、具体的な例を挙げた分かりやすい説明を心掛けている会社が多かった。社長自らがディープラーニングの説明を行っている会社もあった。その説明が分かりやすく、「この社長さん技術肌なんだな~」と思った。あと、自分もそうであるが、AIで何がどこまで出来るのか?ということがちゃんと分かっていないので、AI導入について顧客側は(提供側もか?)手探りしながら進めることになりそう。

 

  • IoTのエリアでは、各機器のセンサーから収集した情報を分析して、障害検知や今後の予測分析を行うサービスが多かった(特に工場系)。また、IoTでいろんなデバイスがネットワークに繋がることになり、不正な遠隔操作などセキュリティ的な懸念が出てくるため、IoTにおけるセキュリティ対策をアピールする企業も多く見られた。

 

  • AIもIoTもそうであるが、出来合いのパッケージ製品を提供するというわけではなく、導入企業の実力や実情に合わせて、オーダーメイドでサービスを提供するというかたちが主流になるだろう。出展していた企業(サービス提供側)の多くも、顧客と一緒に作り上げていきましょう、というスタンスだったと思う。なので、顧客要望をいかに正確に汲み取れるかが顧客満足のカギを握ることになる。

 

  • AIを用いた「働き方改革」を謳う企業も多かった。例えば、コールセンターにおけるAIの活用など。あと、今後のEXPOのテーマの一つは「働き方改革」だったはず。AIをうまく適用すれば、担当者の仕事量が減り、残業しなくてよくなる⇒働き方改革(長時間残業低減)、という理論だと思うのだが、そうなった場合、企業側としては経費削減のため担当者の数を減らすと思うので、結局、担当者は楽にならないんじゃないだろうか・・・とか思ってしまった。

 

  • ソフトウェアのテストのサービスを提供する企業が多く出展していた。昨今の複雑化したシステムのテストのすべてを自社(開発元)で行うのが困難になってきたので、こういったサービスへの要望が増えてきたのだろうか。

展博は最新の流行をキャッチするのに有効なので、今後も定期的に行きたい。