ITエンジニアの技術メモ

神奈川在住のITエンジニアの備忘録です。主にプログラミング(Perl, Java など)やネットワーク技術について、自分の中で整理するためにゆるゆると書いています。誰かのご参考になれば幸いです。

L2スイッチにIPアドレスを振る理由

L2スイッチは、L2層の情報(MACアドレス)を見て、フレームを適切な宛先に転送するネットワーク機器である。なので、フレーム転送の際にL3層の情報(IPアドレス)を見ることはなく、L2スイッチ自身にIPアドレスを振る必要はない。

つまり、サーバやルータのようにIPアドレスを振る必要はなく、ただネットワークに繋ぐだけで、L2スイッチはフレーム転送装置として機能する。

 

しかし、実際にはL2スイッチを導入する際、IPアドレスを振ることがある。これは、外部から対象のL2スイッチにアクセスして、設定確認や設定変更を行うためである。つまり、L2スイッチに振るIPアドレスは管理用のものである。