ITエンジニアの技術メモ

神奈川在住のITエンジニアの備忘録です。おもにプログラミングやネットワーク技術について、学んだことを自分の中で整理するためにゆるゆると書いています。ちゃんと検証できていない部分もあるのでご参考程度となりますが、誰かのお役に立てれば幸いです。

Linux

シェル上でコマンドを繰り返し実行する。

Linux のシェル上でコマンドを繰り返し実行したい時は、 while true; do <実施したいコマンド>; sleep <実行間隔>; done と実行する。これにより、<実施したいコマンド> が <実行間隔> で繰り返し実行される。終了させるには、このシェル上で ctrl + c を実…

tarコマンドの戻り値

Linuxの tar コマンドの戻り値には、0, 1, 2 があり、それぞれの意味は以下。 0:成功 1:アーカイブ開始時から、アーカイブ対象のファイルが変更された。 2:失敗 tar(1) - Linux manual page バックアップ・スクリプトなどで tar コマンドによるアーカイブ…

bonding インターフェースに対するtcpdump

Linuxには、複数の物理インターフェースを論理的に一つと見なす、bondingという技術がある。 この bonding インターフェースに対して tcpdump コマンドでパケットキャプチャを取得する場合、bonding インターフェースを構成する物理インターフェース(ethX)を…

yumコマンドとrpmコマンド

Linux上にパッケージをインストールするには、yumコマンドを使用する方法とrpmコマンドを使用する方法がある。yumコマンドはrpmコマンドの上位コマンドになっており、内部でrpmコマンドを呼んでいる。 また、yumコマンドは、目的のパッケージをインストール…

Linuxへの公開鍵のimport

Linux上にrpmパッケージをインストールする際、そのrpmパッケージに電子署名が付与されている場合は、(署名に使われた秘密鍵に対応する) 公開鍵をLinux上にインストールしておくことが必要となる。 その際の方法として、rpm --import コマンドを使用するのと…